中期経営計画

TDCソフトグループは、永続的な成長の礎を築くための計画として、2019年4月から2022年3月における中期経営計画を策定いたしました。

中期経営計画ビジョン

市場の潜在ニーズを捉え、デジタル技術や新たな潮流に対応した次世代型のシステムインテグレーション事業へと進化する。

主要戦略(高付加価値SIサービスの追求)

高付加価値分野の事業推進
顧客のデジタルトランスフォーメーション推進に対して、最新の要素技術を活用して顧客の価値創造ニーズに応えるサービス事業を推進する

●最新技術による顧客のデジタルトランスフォーメーションの支援
●ITサービスマネジメント、専門業務知識を含めたノウハウによる経営課題の解決の支援
●ビジネスアーキテクト、ITアーキテクトを活用した解決の支援

<ビジネスアーキテクト>
顧客のビジネスを理解しビジネスの実プロセスに落とし込みIT化の構想等を立案できる人材

主要戦略(SIモデル変革の推進)

広範囲でサービス品質の高いビジネス手法への変革
個別の特定プロジェクトでハイスキル人材を活用する現状から、複数の案件で活用するなど、より当社全体がサービス品質水準を高めるビジネス手法の確立を図る

●ハイスキル人材を集約、広範囲のPJで活用できる手法の構築
●顧客とサービスレベルやインセンティブ等を合意するなど、当社独自の契約モデルの構築

品質担保プロセスの効率化
プロジェクト管理、品質担保プロセス等の効率化を図るとともに、顧客のシステム開発に関わる負荷を軽減したSIサービスの確立

●品質担保プロセス、付帯作業等のスリム化
●次世代技術(自動化)等を活用したSIモデルの効率化

業績目標

資料はこちらからご覧ください。

Page Top